ブログ紹介

環境保全研究所ってどんなところ?どんな人たちが働いてるの?我々の存在をより身近に感じていただけるように、スタッフ自ら、何気ない日々の投稿をしていきますので、お楽しみに。
関連リンク




カレンダー
2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
サイト内検索

大好きな泡おもい石けん♪

2021/05/12

 

初めまして。

IT事業部の河瀬と申します。

 

いつか、好きな山に囲まれて暮らそう。

豊かな自然と共に暮らそう。

と思い、2017年夏。

本当に突然に、東京から山梨へ移住しました。

なんとかなるものです。

 

環境保全研究所を知ったのは、

この「泡おもい」という台所用石けんがきっかけでした。

あるNPOの環境セミナーに参加した際、お土産にもらいました。

 

山梨での生活は環境負担の少ない無添加の台所洗剤やシャンプーを

積極的に利用していたので、これ幸いと台所で使い始めました。

するとどうでしょう。

グラスも食器もきれいに洗える。

手荒れが少ない。シンクもあまり汚れない。

すごいじゃないの( ゚Д゚)!

*個人の感想です

 

そして石けんの裏をみて、清里にある会社ということを知り、

縁あって、ここで働いている次第です。

 

今では台所のみならず、お風呂でも使っています。

もちろん温泉セット(北杜市には温泉がいっぱいあります)にも

入れています。

泡おもい石けんのさっぱりとした洗い感が気持ちよく、

特に、おでこが“つるん”とするのが気に入っています。

家族みんな「泡おもい石けん」の大ファンです。

 

                                                                                                              IT事業部 河瀬

 

「泡おもい石けん」は、香料・保存料・合成界面活性剤を使わない、

自然派志向にぴったりの石けんです。

光触媒トリニティーゼットが配合されています。

 

「光触媒トリニティーゼット」とは

「シルク含有アパタイト被覆二酸化チタン」といって、

二酸化チタンを骨の成分として有名なアパタイトで覆い、

さらに高分子シルクを融合させたものです。

生き物と地球に優しい光触媒、粒子も大きめ、安心して使えます。

 

有害物質の吸着・分解、消臭、整菌作用などの光触媒効果の期待から、

住宅や施設、最近では農・水産分野などでも利用が増えています。

まだお使いになったことがない方は、是非一度お試しください♪                            

                                                                                                                                


除砂装置(じょさそうち)を設置しました

2021/04/23

 

こんにちは。

製造開発部の大垣です。

 

私たちが手掛けているトリニティーゼットやその他原料の製造時には

多量の水を必要とする為、

ここ八ヶ岳南麓の清里の土中を流れている地下水を利用しています☺

 

その地下水を汲み上げる井戸水ポンプに

この度 “除砂装置(じょさそうち)”を設置しました。

 “除砂装置(じょさそうち)”とは、

地下水を汲み上げる時は、どうしても細かい砂が混入してしまう為、

このような砂を簡易に除去する機器のことです。

仕組みとしては地下水を汲み上げる際に

この除砂装置内の円筒体下部に流れ込むようになっており、

この円筒体内部で遠心力を受けた砂粒子は水の高速回転に伴い

円錐体内壁に沿って沈んでいき、最下部に堆積していくようになっています。

実際にどれくらいの砂が堆積したのか確認をしてみました。

試運転から数日、結構な量の水を汲み上げてきて、

日に日に砂の量は少なくなってきています。

弊社の第2、第3工場内の配管においても元々異物混入を防ぐフィルターを

幾重にも設置していますが、

大元の井戸水ポンプに除砂装置を設置することで、

より一層製品に異物混入のリスクが下がることによる安心感が増してきました。

 

 

安心性、確実性が高い環境の中で製造することは生産性の向上にも繋がり、

それが製品自体にも表れてきます。

 

今後、弊社製品をご使用いただく方が今よりも増えてくると生産量も上がり、

それこそ品質も問われてきます。

 

今回の除砂装置を設置したことで私たちの品質管理の視野も広がりました。

弊社の品質、生産性をより一層高いレベルに上げて、

良い製品づくりにつなげていきます。

 

                           製造開発部 大垣

 


トリニティー桜の開花🌸

2021/04/15

 

こんにちは。

製造開発部の北原です。

 

今年の春は全国的に早い桜の開花、満開の情報を

皆さまもテレビなどで目にしているかと思います。

 

こちら標高1,060メートルの清里高原に位置する環境保全研究所にも

桜の季節が到来しました!

今年は4月5日に開花し、平年に比べ1~2週間ほど早い開花となりました🌸

 

環境保全研究所の敷地内にも桜の木が植わっています。

二本あるうちの右側は、皆さまご存知のソメイヨシノです。

4月9日時点で六部咲きといったところでしょうか。

一方で左側の桜は御殿場桜(ごてんばざくら)という品種で、

まだ咲いていません。

こちらの品種は平野部で4月上旬頃に開花するようなので、

この辺りでは4月中旬~下旬頃に開花しそうです。

ソメイヨシノに続き御殿場桜とまだまだ“お花見”が楽しめそうです♬

 

さて、タイトルにもあります“トリニティー桜”ですが、

二本の桜にトリニティーを噴霧している為、

私たちはトリニティー桜と呼んでいます(←そのままですね(笑))

これら2本のトリニティー桜は2014年5月に植樹祭が行われました。

 

その時の様子です。

 

やはり7年も経つと随分と成長をするものですね(*^^*)

 

トリニティー桜の植えてある場所ですが、弊社第三工場の西側になります。

敷地内に入りましたらそのまま進んでいくとトリニティー桜が見えてきます。

 

〈第三工場玄関側:西〉

コロナが収束し落ち着きましたら、是非会社見学にいらしてください。

ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

                                  製造開発部 北原

 


トリニティーセラミックボールが売れています!

2021/03/11

 

皆さまこんにちは!

3月に突入し、日中は暖かく過ごしやすくなりましたね。

今年の桜開花予想は福岡や高知をトップに3月13日頃、

15日頃から東京となっているようです。

開花が待ち遠しいですね ٩꒰。•◡•。꒱۶

 

久しぶりのスタッフブログですが、

先日、お店のオーナー様とお話をしていた時に面白い情報を

教えてもらったので皆さまにご紹介したいと思います。

 

「お店でトリニティーセラミックがたくさん売れてます!」

というお話を聞かせてもらいました。

 

何故セラミックが沢山売れているのか・・・?

きっかけは、アクアーリオの空き瓶にトリニティーセラミックとお水を入れ、

そこに加湿器をセットしてお店の中を加湿していたことだそうです。

 

お店に来るお客さんからは

可愛いー(*’∀’人)♥*+

私も欲しい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

という声。

 

そんなお客様の為に、セラミックボールを小分けしてお譲りしたそうです。
(※自己責任での小分け販売になりますが5粒セットです)

 

トリニティーセラミックはトリニティーゼットを練り込んだセラミックを

水に浸すことによって水の活性化が期待できます。

水が活性化されれば蒸発する空気も効果が期待できますね♪

 

お手軽にセット出来るアクアーリオの空き瓶を利用したセラミック加湿器。

お話を聞きながら私もワクワクした気持ちになり、

さっそく試してみることにしました!

 

用意する物
●セラミックボール(3~5粒)
●アクアーリオの空き瓶
●ペットボトル用加湿器

 

ペットボトル用加湿器はネットでも購入出来ますが、

こちらのパンダちゃんはダイソーで300円で購入しました。

アクアーリオの空き瓶にお水とセラミックボールを3~5粒入れ

ペットボトル用加湿器をセットするだけ◎

アクアーリオの瓶ってデザインがシンプルで可愛いので

空き瓶を花瓶として再利用する方も多いですが、

加湿器として利用するアイデアは初めて知りました!

今は可愛いジップ袋が100均で簡単に手に入るので

試しに小分けにして作ってみました。

 

今回お話を聞かせてくれたお店のオーナー様は

車の中でもセラミックボールを入れて加湿器を使用しているそうです。

暖かくなったとはいえ、まだまだ乾燥が気になる季節。

皆さまも是非試してみてください(^^)/

 

                                  IT事業部 井上

 

 

■トリニティーセラミックボール15mm(200g) 
■希望小売価格:10000円(税抜)

 

■トリニティーセラミックボール15mm(1kg) 
■希望小売価格:40000円(税抜)

 

 


第7回もちつき大会

2021/01/07

 

新年あけましておめでとうございます

IT事業部の宮本です。

 

2021年は丑年。

丑年は「我慢(耐える)」そして、「これから発展する前触れ(芽が出る)」

というような年になるといわれているそうです。

そのため、丑年は先を急がず目先のことを着実に進めることが、

将来の成功に繋がっていくとされているそうです♪

 

さて、1月6日に毎年恒例のもちつき大会を行いました!

会長の西銘から今年の展望をお話しいただきました。

今年は感染予防のため、杵と臼を使用せず機械の力を借りました。

出来立てのお餅はスピード命!社員皆で力を合わせ取り分けます!

出来立てのお餅に会長の西銘もご満悦です♪

両社長もお餅と比嘉特製の豚汁・おかずを召し上がっていました♪

環境保全研究所社長:西銘

宇宙環境保全センター社長:立石

今年も比嘉が前日から料理を準備し、美味しい料理をたくさん振舞ってくださいました!

美味しそうな、らふてぃーとソーキ!

手作り&無添加のお漬物たち!

皆何回もおかわりし、料理を楽しんでいました♪

豪華なお昼ご飯になりました♪

 

本年も精進してまいりますので
環境保全研究所・宇宙環境保全センターをよろしくお願いいたします。

                               IT事業部 宮本